鍼灸だけでなくあん摩の資格を取ることも可能なのが専門学校

灸と鍼

手に職をつけることができる鍼灸専門学校

二本の鍼

鍼灸師になれる鍼灸専門学校に通うメリットは、スポーツや美容、医療といった幅広い分野で活躍できるようになることです。鍼灸師はこれらの分野で注目を集めており、体の不調や怪我を整えたり、美容効果を発揮させるために活用されます。いずれも治療を受ける人が受けた後にプラスになってもらうために活動するので、上手くいった場合は感謝してもらえてやり甲斐を感じられる仕事です。縁の下の力持ち的なポジションとなるので、誰かのためになりたいと考えている人に向いています。
また、手に職を得られますし、国家資格は一生モノであるため、独立開業して一生涯働くこともできます。経験を積んでいくほど治療スキルも高くなっていくので、若ければいい訳でもない職業です。したがって、末永く仕事としていけて、独立開業するなら定年もないので安定できれば老後の生活にも困りません。ダブルライセンスとしてあん摩マッサージ指圧師の資格も取得しておけば、治療だけではなくマッサージも扱えるようになりますので、より幅は広がります。
学校では最低限働いていくのに必要な技術を学べる他、多くの仲間と切磋琢磨できます。資格を取るための学校なので、学生のやる気も高く学びの環境も素晴らしいです。以上のように鍼灸専門学校に通うメリットは豊富なので、鍼灸師をめざしたい方は入学しましょう。

鍼灸専門学校で得られる受験資格はコースにより異なる

鍼灸専門学校では、はり師、きゅう師、さらにあん摩マッサージ指圧師の受験資格を得ることができます。はり師ときゅう師の資格を持っている人のことを鍼灸師と言いますが、これ単体の資格はありません。
もちろん、学校に通えばただ受験資格を得られるだけではなく、カリキュラムを受講することでこれらの職業に就いた時に使える知識やスキルを身につけることが可能です。
これら3つの資格はそれぞれ別であり、鍼灸専門学校でも学科によってどの受験資格を得られるのかが異なります。ひとつだけよりも複数の受験資格を持っていた方が、受けられる試験が増えるのでお得です。学ばなければならない範囲も広くなりますが、鍼灸師にもあん摩マッサージ指圧師にもなれる方が潰しが利きますので、将来について少し悩みがある方は広く学べるコースを選びましょう。
はり師やきゅう師、そしてあん摩マッサージや指圧師はいずれも共通問題が多めの国家試験になっているので、必要な知識も共通な事が多いです。学ぶことが多くなると大変と考えるかもしれませんが、共通部分が多いので思ったほどは大変ではありません。したがって、可能性は広げておいても問題はないでしょう。
あとはここで学びたいと思える学校を選べば、勉強も捗るので違いを比べて自分にピッタリな学校を選びましょう。

鍼灸師になるための専門学校は全国に沢山あるので比較して選ぶ

現在、鍼灸師になるためにはり師ときゅう師の受験資格が得られる専門学校は、全国に約100校あります。数が多ければ、学校ごとの違いも色濃くなって来ますので、学校は比較をして選んだ方が良いです。そうはいっても入る前に鍼灸師の知識を知らずに選べと言われても、どう選べば良いのかわからない人もいるはずです。
そんな場合は、おすすめを紹介している情報サイトをチェックして見ましょう。なぜその学校がおすすめなのかについて理由が書いて評価されているので、知らなくても自分なりに比較をすることができます。何を良いと感じるかはその人の性格にもよるので、ここでは自分なりに検討してください。3人いれば3人とも違った答えになるのが学校選びです。
鍼灸専門学校も入試はあり、人気のところは競走もありますが、大学入試ほど厳しい競走ではありません。したがって、志望校を見つけたらあとは合格をめざしてしっかりと勉強すれば入学することはできます。
入学前は専門的なことは一切ない状態で入学しますが、やる気がある人は関連書籍を読んだりネットで調べたりしておくと、他の人より進んだ状態だスタートできます。鍼灸専門学校は3年と短い期間なので、それを活かせるよう頑張りましょう。


女性も急増中!鍼灸学校や鍼灸あん摩マッサージ指圧が学べる学校をお探しなら《東洋鍼灸専門学校》が評判な学校でオススメです!ゼミや夜間部終了後の短い時間でも特別授業が行われるのでしっかり学ぶことができます!

TOP